・睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

 

名前の通りそのままですが、睡眠時に無呼吸を繰り返す病態の総称です。

定義としては、10秒以上続く無呼吸が、一晩の睡眠中(7時間)に30回以上、もしくは睡眠1時間に平均5回以上認められ、かつその一部は、健康な人では最も規則正しい呼吸が観察できるnon-REM睡眠と呼ばれる睡眠中にも認める場合とされています。

少し分かりづらいですけど要するに眠っているときに呼吸が止まることです。

 

症状としては、眠っている間のいびきや無呼吸、日中の眠気などです。

日中の眠気のために仕事の能率が下がることも問題ですが、多くの合併症を起こすことが大きな問題です。

高血圧、糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞や心不全などの心疾患、脳血管疾患のリスクとなります。

また、眠気による交通事故や仕事のミスなども社会的な問題です。

・検査の流れ

日中の眠気やいびきなどの症状がある方はご相談ください。

  ↓

症状により、医師が睡眠時無呼吸症候群を疑った場合、検査機器を自宅へお送りします。

  ↓

検査機器を手順に従って装着し睡眠して頂いて無呼吸の状態を測定します。

  ↓

測定後、検査機器を同封の伝票(着払い伝票)を使用して返却してください。

  ↓

検査結果のレポートが医療機関へ届きますので結果説明のために受診してください。

 

・治療について

検査結果により、マウスピースの作製や持続的陽圧呼吸療法(CPAP)を相談し進めます。

肥満がある場合には減量も重要です。

また睡眠時無呼吸症候群は多くの合併症を引き起こしますので定期的な受診と検査を行います。

 

持続的陽圧呼吸療法(CPAP)について

マスクを装着して眠ることは最初は不快感がある方が多いですが次第に慣れていきます。

睡眠の質が改善し日中の眠気がなくなると生活の質が改善するだけでなく、合併症の予防にもなります。

 

 

死亡率を低下させることも分かっておりますので継続的な治療が重要です。