こちらでは健康情報関連のコラムを掲載しております。

ネット上には様々な情報があふれておりますが、その内容は玉石混合です。

ここでは、医師である片山泰輔が文責をもって記載します。

医療情報は新たなエビデンスからの更新が多く、日進月歩の分野ですがその時点での確かな情報を発信しますので興味を持って読んで頂けると嬉しいです。

 

ひとつ健康や医療に関連した情報の読み方をアドバイス致します。

それは引用元、根拠が明示されているか、を意識してください。

多くのネット上に公開されている情報では全く根拠がなく誰が書いているかも不明なものが多いのです。

そして内容は残念ながら...

そういった情報と確かな情報を見分けることも難しいと思います。

しかし簡単な見分け方として、その情報の元となる論文やガイドラインが示されているかというのは有用です。

学会では投稿論文を査読し、ある程度内容が保証されたものが論文として掲載されます。

そうして論文が蓄積されていくとガイドラインが発表されます。

そういった仕組みは残念ながらまとめサイトやある種の新聞・テレビでは行われておらず信念や商売に基づいて情報が発信されてしまいます。

引用元に論文やガイドラインなどがある場合は一定の水準を保った情報といえます。

 

 ”○○で癌が治った!”

 ”医者に騙されない47の方法!”

といったインパクトのある内容ではないと思いますが、吟味した情報を発信します。

理屈っぽく読みにくい文章と感じられるかもしれませんが、極力読みやすく噛み砕いて医学情報をまとめますので少し時間をかけてお読み下さい。