まとめ 

珈琲好きな方は安心して飲めそうです。

(カフェインの影響で珈琲を飲むとどきどきする、頭が痛くなる、眠れなくなるなんて方は避けたほうが無難ですけど)

 

 

本文

珈琲の健康への影響に関して、多くの研究がありネット上にも情報が溢れています。

 

昨年、WHOから珈琲に発がん性なし(クラス2bから3への変更)と発表がありました。

http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2016/pdfs/pr244_E.pdf

 

珈琲は鬱病の発症率を上げるなんて話もありましたが、むしろ減らすという報告が出ています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26339067

 

ここで出てくるメタアナリシスというのはいくつかの研究をまとめて解析するという手法でもっとも根拠の強い研究方法とされています。

 

珈琲に関するメタアナリシスをいくつか示します。

メラノーマ(皮膚がんのひとつです)を減らす可能性

心血管イベントを増やさない可能性

2型糖尿病の発症を減らす可能性

卵巣癌のリスクとは関係がない可能性

甲状腺癌のリスクとは関係がない可能性

 

概ね健康に良さそうです。

唯一悪そうなのは、妊娠中に珈琲を飲むことです。

妊娠中の珈琲の摂取が子供の小児急性白血病の発症リスクを上げる可能性があるそうです。

 

全死亡率(全ての原因での死亡率)との関連をみた研究でも、珈琲を1日4杯以上飲む人の全死亡率が低かった(タバコを吸わない人の場合には珈琲を飲む量が増えると全死亡率、心血管イベント、発がん率が下がる)ことが観察されました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/articles/27699514/

 

妊婦さん以外には安全そうです。

僕も珈琲好きでよく飲んでます。写真のchemexのコーヒーメーカー、お気に入りです。