東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

腎臓内科


腎臓内科とは

白バック 信頼 病気 患者 コピースペース 愛情 病院 ドクター 医者 医師 診察 手術 入院 オペ 診断 任せる 心 想い スクラブ うでまくり検尿検査で異常を指摘された、難治性の高血圧、腎臓の働きが悪化した慢性腎臓病などの対応を行っております。

腎臓関連の疾患は自覚症状がほとんどありませんが、診断が遅れることにより将来、血液透析などの腎代替療法が必要となる可能性もあります。
少しでも気になった場合には一度検査をすることをお勧めします。

当院では腎臓内科専門医が診察を行っております。

・健診などで尿蛋白が指摘された場合


腎臓に糸球体腎炎や糖尿病性腎症といった病気がある可能性があります。
そういった疾患を放置してしまうと、腎臓の機能が根絶し透析などの腎代替療法が必要となりえます。
早期発見と対応が重要です。
尿蛋白についてこちらのコラムにも記載しております。

・尿潜血、血尿がある場合


白バック 白背景 健康 病気 入力 ハート キーボード ホワイトバック 病院 メディカル 医療 治療 診察 心臓 清潔 イメージ シンボル カルテ キー CG ヘルスケア 合成 システム 脈 電子カルテ 心電図 エンターキー リターンキー Healthcare CG01大きく分けて尿路からの場合(尿路結石、膀胱がんなどの悪性疾患)と腎臓からの場合(糸球体腎炎)があります。
尿蛋白と同様に早期発見と治療が重要です。

尿所見の異常では、タンパク尿や血尿いずれの場合にもまずは精密な尿検査が重要です。
健診では簡易的な尿検査のみが行われます。
また、腹部エコーで腎臓を観察することも重要です。
これらの非侵襲的(痛くなく負担の少ない)検査の結果を確認後に、必要であれば血液の検査などを追加します。

尿に少しでも異常があれば、非侵襲的な検査から行いましょう。
現在の状況を相談し検査の予定を立てられる腎臓内科医に相談することが大切です。

慢性腎臓病について


高血圧や糖尿病、高尿酸血症などのいわゆる慢性疾患、生活習慣病があるかたは注意が必要な病気です。
これはもとの病気と独立して動脈硬化を促進し心血管(心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中など)のリスクを上げるものとして注目されています。
血圧や血糖を改善する目的は、数値そのものではなく将来の健康です。
腎臓の働きを合わせて診療することが大切です。

また、腎臓の機能が悪化した場合薬の使い方にも注意が必要です。
軽症の場合には一般内科で対応されることが多いですが、状況によって腎臓内科の専門医に相談しましょう。
こちらにも慢性腎臓病について記載しております。


室内 屋内 外国人 老人 高齢者 女性 おばあさん おばあちゃん 患者 女医 白人 白衣 医師 医者 病院 病室 個室 家 自宅 寝室 ベッドルーム 手を持つ 手を握る 握手 両手 包む 手元 手 アップ 接写 訪問 訪問診療 原疾患がなんであれ、一度悪くなってしまった腎臓の働きを回復させることは難しいです。
尿の異常は腎臓からのサインと考えて早めに対応しましょう。
リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved