東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

家族性高コレステロール血症の治療の長期成績

家族性高コレステロール血症への治療は早期から、継続的に行うことが有用です。

「そろそろ治療しとこうかな」と中年期以降に来られる方もいますし、

継続的に通院しているかたはとても少ないのが原状です。

せっかく知見が得られても実社会で活かせないと勿体ないですね。

Continue reading

新型肺炎・コロナウイルス感染の致死率、症状、免疫などの情報

変異したコロナウイルス(COVID-19・SARS-CoV-2)による新型肺炎がひろまっています。

*読み方を調べている方が多いのですが、コーヴィッド19と読みます。

まだ潜伏期間や感染力、臨床経過や致死率など分かっていない部分が多いです。

正式名称はSARS-CoV-2(SARS corona virus 2)となったそうです。

SARSと風邪のコロナウイルスの中間のような毒性と感染性があるからとのことです。

(*2/18にコロナウイルスの致死率2%と見解が出ました)
感染経路は、今までの風邪の原因であったコロナウイルスと同様の飛沫感染(エアロゾル)及び接触感染と考えられています。

(以前のコロナウイルスのSARS,MARSの時と異なりSNSが発達してるために)

情報が錯綜していますが、なるべく正確な情報を得るようにしましょう。

 

対策として、感染予防に期待出来る行動を記載します。

人混みを避ける
(色々な病原菌に暴露する機会を減らしましょう)
こまめにしっかり手洗い
(下のリンクでもあるように、きちんと洗うと手指のウイルス量を減らせます)
不潔な手で首から上を触らない
(顔に触れたり飲食による接触感染を防ぎます)
睡眠時間を7時間確保する
(睡眠時間が長いから感染症予防になるエビデンスはありませんが、寝不足でウイルス感染が増えるエビデンスはあります)

ホームへ戻る

Continue reading

2型糖尿病の初期治療の比較

2型糖尿病の初期治療として、DPP4阻害薬のエクアとメトホルミンの併用療法と、メトホルミン単剤から開始する段階的療法との比較をした研究です。

5年間の追跡期間で、通称VERIFY試験です。

Glycaemic durability of an early combination therapy with vildagliptin and metformin versus sequential metformin monotherapy in newly diagnosed type 2 diabetes (VERIFY): a 5-year, multicentre, randomised, double-blind trial.

Continue reading

ベンゾジアゼピンの安全性

ベンゾジアゼピンはいろいろな有害性が言われており、wikipediaにもまとめられています。

 ベンゾジアゼピンの長期的影響

日本ではセルシンやホリゾンといった名前で販売されています。

長期使用を避けるよう言われている薬ですが、現実にはやめられず長期使用している方が多いです。

長期使用の安全性を検討した論文です。

Continue reading

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:15
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved