東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

スタチンと認知症発症リスク

Association between Use of Statin and Risk of Dementia: A Meta-Analysis of Observational Studies.

 

認知症リスク低下に対するスタチンの影響については、これまで10年間にわたり議論の対象となってきたが、決定的なエビデンスは存在しない。台湾・台北医科大学のTahmina Nasrin Poly氏らは、スタチン療法と認知症リスクとの関連性を定量化するため、これに関連する観察研究のメタ解析を実施した。Neuroepidemiology誌オンライン版2019年10月1日号の報告。

 2000年1月~2018年3月までに公表された関連研究を、EMBASE、Google、Google Scholar、PubMed、Scopus、Web of Scienceよりシステマティックに検索した。2人の研究者により、研究の選択、データの抽出化、バイアスリスクの評価が行われた。次に、選択した研究からデータを抽出し、変量効果モデルを用いて観察研究のメタ解析を行った。サブグループ解析および感度分析も併せて実施した。

 主な結果は以下のとおり。

・916万2,509例(認知症患者:8万4,101例)を含む30件の観察研究が適格基準を満たした。
・スタチン使用患者は、スタチン未使用患者と比較し、すべての原因による認知症リスクが低かった(リスク比[RR]:0.83、95%CI:0.79~0.87、I2=57.73%)。
・スタチン使用患者における全体的にプールされたRRは、アルツハイマー病で0.69(95%CI:0.60~0.80、p<0.0001)、血管性認知症で0.93(95%CI:0.74~1.16、p=0.54)であった。

 著者らは「スタチン使用は、認知症リスクの有意な低下と関連していることが示唆された。このような結果を検証する今後の研究は、患者、臨床医、政策立案者にとって有用な情報となるであろう。さらなるエビデンスが確立するまでは、スタチンは心血管疾患の治療で承認されている薬剤であることを、臨床医は意識しておく必要がある」としている。

全粒食品と糖尿病リスク

全粒食品(オートミールや玄米、全粒粉のパンやパスタ等)は血糖の上昇が穏やかなために糖尿病の方に勧められています。

糖尿病の発症前に摂取していた場合の糖尿病リスクは抑えられるのでしょうか?

Continue reading

コンドロイチン、グルコサミンの効果について|内科リーレクリニック大手町

グルコサミンやコンドロイチンは関節痛のサプリメントとして人気です。

確かに関節には大切な成分ですが、それを口から接種して意味があるのでしょうか?

当院ではファシアリリースを行っている関係で、内科ですが関節痛などのご相談も多いです。

せっかくやるなら科学的根拠のある治療を受けたいですね。

内科リーレクリニック大手町のコラムです。

Continue reading

イソジンがコロナに有効?

イソジンがコロナに効くと噂になりドラッグストアの商品棚から消えています。

府知事の発表が原因のようです。

イソジンはコロナ感染に有効なのでしょうか?

感染対策の効果を検証した研究も増えています。

コロナ感染予防について

仮説も大切ですが、検証はさらに重要だと思います。

内科・リーレクリニック大手町のコラムです。

Continue reading

新型コロナ感染症患者のICU入室後の転帰について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の集中治療室(ICU)退出時転帰についてのメタアナリシスです。

2月から致死率に関する報告が出ており、半年が経過しましたが現在の状況はどうでしょうか?

内科・リーレクリニック大手町のコラムです。

Continue reading

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:15
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved