東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

慢性閉塞性肺疾患(COPD)


慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

気管や肺が、ゆっくり機能を失い息切れや咳嗽、呼吸困難などの呼吸器症状が出る様々な疾患の総称です。
代表的なものは肺気腫(タバコ肺と言われます)です。
陸にいるのに溺れているよう、と言われたり非常に苦しい病気です。
最初は咳や痰などの呼吸器症状のみですが進行すると呼吸をうまく行えずとても苦しくなります。

タバコを吸うと肺がんになりやすい事は有名です。
この慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコを吸う事で必ず発症します。
禁煙が予防や進行を抑えるために非常に重要です。

慢性閉塞性肺疾患の原因

男 男性 20代 全身 健康 予防 空 病気 30代 カメラ目線 体調不良 雲 病院 医療 ウイルス 傘 外国人 白人 CG 菌 欧米人 ヘルスケア ウィルス 合成 ばい菌 病原菌 守る 立ち向かう 避ける 身を守る mdfm100 CG01大気中の汚染物質の吸引、粉塵暴露、喫煙、遺伝性です。
いろいろな原因がありますが、90%は喫煙によるタバコ肺、肺気腫です。
また、アスベストによるものもよく知られています。

慢性閉塞性肺疾患の治療

基本的に不可逆性の疾患ですので治すことは出来ません。
進行を食い止めるために原因の除去が重要です。
禁煙は難しいことが多いのですが、禁煙外来などを利用します。
呼吸機能を維持することを目標に呼吸法などのリハビリも行います。
また重要なこととして合併症の予防と早期発見があります。
具体的には、肺がんの検索や肺炎の予防のワクチンなどです。


内科へ戻る
リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved