東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

気管支炎、肺炎


気管支炎、肺炎とは

下気道(気管支、肺胞)の急性感染症による炎症のことです。
風邪との見分け方についてコラムを記載しています。
ご参照下さい。

気管支炎の原因

気管支炎はウイルス性のものが多いと言われています。
上気道炎、いわゆる風邪による炎症が下気道まで波及し、痰や咳の症状が重篤化したものです。

気管支炎の治療

風邪と同様に保存療法、対症療法を行います。
上気道炎、いわゆる風邪の場合と比較して回復までに時間がかかることが多いです。

肺炎の原因

肺炎は、上気道炎や気管支炎と異なり、細菌性のものが多いです。
細菌の種類による分類では、肺炎は定型的肺炎(肺炎球菌、インフルエンザ桿菌など)と、非定型肺炎(マイ コプラズマ、クラミジア、レジオネラなど)に分けられ、選択される抗菌薬が異なります。

また、肺炎は発症した場所によっても分類されます。
これは起炎菌が不明な場合に抗菌薬の選択するために重要な情報であるためです。
・市中肺炎(community-acquired pneumonia: CAP)
・院内肺炎(hospital-acquired pneumonia:HAP)3)
・医療・介護関連肺炎(nursing and healthcare-associated pneumonia:NHCAP)

肺炎の治療

細菌感染のため抗菌薬での治療が必要です。
抗菌薬は、年齢や発症場所、地域の薬剤感受性などから選択されます。
抗菌薬投与前に痰や血液の培養検査を提出し、起炎菌が確定した場合にはそれに合わせて薬を変更します。

肺炎の治療では、酸素投与が必要であったり敗血症のリスクが有る場合には入院が必須です。
そこまでの重症肺炎ではなく、お仕事の都合などで外来での治療を希望される場合には外来治療も可能です。
当院では24時間効果のある抗菌薬の点滴を1日1回行い、状況によっては飲み薬の抗菌薬による治療を行います。
検査や通院の頻度など、相談しながら進めていきます。


内科へ戻る
リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved