東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

慢性心不全


慢性心不全とは

心臓の収縮能や拡張能が低下し、浮腫や循環不全により息切れや倦怠感が起こる病態です。

慢性心不全の原因

心臓の収縮能や拡張能が低下する最も多い原因は高血圧です。
他にも心筋梗塞や狭心症、弁膜症、不整脈により起こります。

慢性腎臓病糖尿病睡眠時無呼吸症候群は心不全の増悪因子です。

慢性心不全の治療

利尿薬による体液コントロール、心臓の働きを保つためのβブロッカーやRAS阻害薬などの薬、状況によっては強心薬を使って治療します。
不整脈や弁膜症がある場合にはそちらの治療が必要です。
また塩分制限や足の筋肉をつける運動も重要です。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)がある場合に使用される持続抑圧呼吸(CPAP)は、睡眠時無呼吸症候群だけでなく心不全にも治療効果があります。


内科へ戻る
リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved