東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

ニキビのガイドライン

ニキビ治療では抗菌薬の漫然とした使用は避け、ディフェリン(アダパレン)やベピオ(BPO)を用いるようにしましょう。

軽症・中等症の場合

急性期 維持期 効果不十分の場合
外用抗菌薬+アダパレン or アダパレン/BPO配合剤 アダパレン or BPO アダパレン/BPO配合剤

重症の場合

急性期 維持期 効果不十分の場合
内服抗菌薬+アダパレン or 内服抗菌薬+アダパレン/BPO配合剤 アダパレン or BPO or アダパレン/BPO配合剤 アダパレン/BPO配合剤

スキンケアも大切ですので洗顔と保湿も行いましょう。


尋常性ざ瘡、いわゆるにきびの2017年版のガイドラインについてご紹介します。

面包(白にきび、脂がたまった状態)と炎症性皮疹(赤にきび、皮脂内で感染を起こした状態)での治療薬の違い、急性期と維持期での治療選択に関して簡単にまとめます。

感染を起こした場合には抗菌薬が有効です。

抗菌薬としてはダラシン(クリンダマイシン)やルリッド(ロキシスロマイシン)がよく用いられますが、ベピオ(BPO)にも消毒作用と抗菌作用があることが触れられています。

また、維持療法に抗菌薬を用いないことが推奨されています。

耐性菌の出現を防ぐためです。

 

大まかな内容を紹介します。

面包がメインの状態では、アダパレンまたはBPOで治療し、維持期にも継続、効果不十分ならアダパレンとBPOの配合剤を使用します。

軽症~中等症の場合 急性炎症期 → 維持期 → 効果不十分

1 クリンダマイシン/BPO配合剤 → BPO → アダパレン/BPO配合剤

2 外用抗菌薬+アダパレン → アダパレン → アダパレン/BPO配合剤

3 アダパレン/BPO配合剤 → アダパレン/BPO配合剤

重症の場合

軽症・中等症の場合 急性炎症期 → 維持期 → 効果不十分

1 内服抗菌薬+アダパレン → アダパレン → アダパレン/BPO配合剤

2 内服抗菌薬+BPO → BPO → アダパレン/BPO配合剤

3 内服抗菌薬+アダパレン/BPO配合剤 → アダパレン/BPO配合剤 → アダパレン/BPO配合剤

となっております。

 

表にまとめますと、以下のようになります。

軽症・中等症の場合

急性期 維持期 効果不十分の場合
外用抗菌薬+アダパレン or アダパレン/BPO配合剤 アダパレン or BPO アダパレン/BPO配合剤

重症の場合

急性期 維持期 効果不十分の場合
内服抗菌薬+アダパレン or 内服抗菌薬+アダパレン/BPO配合剤 アダパレン or BPO or アダパレン/BPO配合剤 アダパレン/BPO配合剤

 

スキンケアも大切ですので洗顔と保湿も行いましょう。

 

Tags: ,

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved