東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

マスクの予防効果について

インフルエンザの流行が始まっています。

AEONで”接客時のマスク原則禁止”が話題になっています。

イオン、接客時のマスク着用「原則禁止」 風邪の予防もできないのか…現場から悲鳴

https://www.j-cast.com/2019/12/24375926.html?p=all

本日のツイッタートレンドに入っています。


 

雇用主、被雇用者、顧客とそれぞれの立場がありますが正確な知識が議論の前提には必要だと思います。

 

ということで、健常者がマスクを着用することによる感染予防効果についてまとめたものを紹介します。

日常的なマスク着用による感染予防効果について

https://www.yoshida-pharm.com/2018/letter128/

   

結論だけ書きますと、所謂マスク(サージカルマスク)に感染予防効果はありませんでした。

ちなみに結核のときに使われるN95マスクもインフルエンザへの予防効果がサージカルマスクと差がないことも検証されています。

院内のインフルエンザ発症予防におけるN95マスクとサージカルマスクの有用性の比較

http://www.kameda.com/pr/ccmc/post_198.html

 

マスクが感染予防に無意味という訳ではありません。

感染者が咳エチケットとしてマスクをするのは有効です。

健康な方が自分の感染予防にマスクは無意味です。

職場の感染予防を行いたければ

・顧客含めて咳のある感染者はマスクをする

・加湿器で湿度を保つ

・加温して温度が下がりすぎないようにする

・30秒以上の手洗いうがい

・手の触れる蛇口やドアノブのアルコール消毒

 (ノロウイルスでは次亜塩素酸)

などがエビデンスのある予防策です。

 

今はマスクはアクセサリー感覚の方もいますので、

医学的な根拠だけが職場の服飾規定の決定要因になるわけではありませんが、

『せめてもの予防もさせてもらえない職場に不信感しかありません』

っていうのは見当違いかと思います。

マスクするより手洗いうがいを頑張る方がいいです。

 

繰り返しになりますが雇用主、被雇用者、顧客の三方得の解決策があるかは分かりませんが、

正確な根拠を元により良いルールを作るよう議論する方が皆が幸せになれると思います。

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:15
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved