東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種
  • ホーム
  • 家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症は遺伝的な要素により若いときから悪玉コレステロール値が高い病気です。動脈硬化が進展しやすいので早期発見早期治療が重要です。


脂質異常症、コレステロールの異常は一般的には生活習慣に起因する病気です。

しかし、生まれつきの遺伝の要素が強い方もいます。

それが家族性高コレステロール血症です。

若いときから動脈硬化が進展し、心筋梗塞等の強い危険因子となります。

健診でコレステロールの異常を指摘された場合には注意が必要です。

特に、LDLコレステロールが180を超えている場合、

家族(2親頭以内の血族)に家族性高コレステロール血症や早期冠動脈疾患の方がいる場合、

などは要注意です。

ノートパソコン ウイルス 修理 パソコン 聴診器 ウイルスチェック ソフトウェア 医学 サイバー データ 医療 調査 トラブル トラブルシューティング 通信 電子カルテ カルテ 医師 ヘルスケア IT テクノロジー 看護師 クリニック ビジネス 端末 オンライン ヘルスケア メディカル オフィス 健康診断基準が日本動脈硬化学会HP上のこちらで紹介されております。

http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html

 

また、家族性高コレステロール血症にはホモ型とヘテロ型があります。

ホモ型は難病指定も受けております。

 

 

難病情報センター:家族性高コレステロール血症(ホモ接合体)

http://www.nanbyou.or.jp/entry/65

 

コレステロール値が高くても特に自覚症状はありませんが、将来の健康ために治療を行うことが非常に重要です。

突然死したり長期の入院とならないよう予防に努めましょう。

Tags: , , ,

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved