東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

コロナワクチンと解熱鎮痛剤

コロナワクチンの接種が日本でも進んでいます。

接種終わった方は、熱や倦怠感といった副反応が強かったという声が多いです。

解熱鎮痛剤の使用に関して簡単にまとめました。

大手町の内科クリニックのコラムです。


ワクチン接種後の発熱や倦怠感には、解熱鎮痛剤は効果があります。

これまでは抗炎症作用の少ないアセトアミノフェンが推奨されていました。

ロキソニン、イブプロフェン等のNSAIDsは抗炎症作用が強くワクチンの効果を減弱するのではと懸念されていました。

ファイザーとバイオエヌテックのワクチンの臨床試験では、参加者の多くがロキソニンなどのNSAIDsを服用しており、特に問題なかったことが報告されています。

抗体獲得にも影響は無いようです。

NSAIDsを避ける理由はないようですので、発熱がある場合には手に入る解熱鎮痛剤を使うのが良いかと思います。

妊婦さんや慢性腎臓病の方など、安全性を優先するならアセトアミノフェンが良いです。

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:15
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved