東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種

家族性高コレステロール血症の治療の長期成績

家族性高コレステロール血症への治療は早期から、継続的に行うことが有用です。

「そろそろ治療しとこうかな」と中年期以降に来られる方もいますし、

継続的に通院しているかたはとても少ないのが原状です。

せっかく知見が得られても実社会で活かせないと勿体ないですね。


小児期からスタチンでの治療を始めた家族性高コレステロール血症の方の追跡調査です。

20-Year Follow-up of Statins in Children with Familial Hypercholesterolemia.

 

前提として、家族性高コレステロール血症の方は、

・LDLコレステロール値が非常に高い

・心血管疾患による死亡率が高い

という特徴があります。

簡単なイメージとしては下記のような感じです。

家族性高コレステロール血症

LDLコレステロール値が高い

内幕中膜複合体が厚くなる(≒動脈硬化が進展している)

心血管疾患を起こす

 

今回の研究は家族性高コレステロール血症患者184例(開始時は214例、平均年齢13歳)が対象となり、そのおよそ80%がスタチンを使用しています。

平均LDLコレステロール値は、237mg/dLから160mg/dLに低下しています。

 

・頸動脈の内幕中膜複合体の厚みの変化は、0.0056mm/年

(健常者0.0057mm/年で有意差なし)

 

・心血管疾患の39歳時での累積発症率は1%

(未治療の親の累積発症率は26%)

 

とのことでした。

家族性高コレステロール血症の方は早期から継続的な治療が有効です。

自覚症状が無いため、放置している方も多いと思いますがコレステロール値が高い方は医師に相談しましょう。

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:15
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved