東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種
  • ホーム
  • 糖尿病治療薬と全死亡率の関連

糖尿病治療薬と全死亡率の関連

糖尿病の治療では、毎月の通院でHbA1cが下がった上がったも大切ですが、本当に健康寿命を伸ばす治療が重要です。

食事、運動療法は基本です。

低血糖を避けること、より良い方法で血糖コントロールすることに取り組みましょう。


また糖尿病の治療薬、SGLT2阻害薬の話題です。

Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.

SGLT2阻害薬、GLP1受容体作動薬、DPP4阻害薬の使用と2型糖尿病患者さんの全死亡率の関連を調べたメタアナリシスです。

このメタアナリシスでは、236の試験(176340人の患者さん)をSGLT2阻害薬、GLP1受容体作動薬、DPP4阻害薬と対照群(プラセボもしくは未治療)と比較した試験をネットワークメタアナリシスで解析しています。

2型糖尿病で登録され、追跡期間が12週間以上の試験を集めています。

結果は、SGLT2阻害薬とGLP1受容体作動薬が対照群に比較して有意に死亡率を下げていました。

糖尿病の治療薬なんだから当たり前でしょ!と言われそうですが、

・限られた追跡期間で有意差が出るほど効果が大きい

・血糖を下げても本当に死亡率が下がるかは不明

といった理由で画期的な研究結果です。

SGLT2阻害薬は、腎機能を温存するのに有利など色々と報告が出ています。

余分な糖を捨てるため、体重を減らす効果もあり非常に期待されている糖尿病治療薬です。

尿路感染症には注意が必要ですが、今後さらに処方量の増えていく薬剤と考えられます。

糖尿病の治療では、毎月の通院でHbA1cが下がった上がったも大切ですが、本当に健康寿命を伸ばす治療が重要です。

低血糖を避けること、よりよい方法で血糖コントロールすることに取り組みましょう。

 

Tags: ,

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved