東京都千代田区大手町の内科・健康診断・予防接種
  • ホーム
  • 超加工食品と全死亡率の関連

超加工食品と全死亡率の関連

意外と気づくと加工食品の摂取量は多くなりがちです。

(特にお酒で稼いでしまいそうです)

なるべく健康的なイメージの、加工度合いの少ない食品を普段から摂取してみましょう!


知られているようで知られていない、加工食品と死亡率の関連についての論文です。

Association between consumption of ultra-processed foods and all cause mortality: SUN prospective cohort study.

 

加工食品の摂取は発がん性や高血圧糖尿病脂質異常症の発症リスク、心血管疾患のリスクを上げることが知られています。

この論文では、加工食品の摂取量と全死亡の関連を調べています。

20歳から91歳(平均年齢は37.6歳)の19899人(女性12113人男性7786人)が調査対象となり、2年毎に食生活を質問表で調査したそうです。

200432人年のフォローアップでした。

(2万人弱の調査で20万人年なので一人あたりのフォロー期間は10年と少しのようです)

ちなみに、加工食品の定義は次のものを使っています。

Classification of foods in the SUN food frequency questionnaire according to degree of processing (NOVA)

Unprocessed or minimally processed foods

  • Fruit, vegetables, legumes, milk (whole, semiskimmed, and non-fat), eggs, meats, poultry, fish and seafood, fermented milk as yogurt, grains (white rice, pasta), natural juice, coffee, and water

Processed culinary ingredients

  • Salt, sugar, honey, vegetable oils (olive, sunflower, corn), chilli, butter, and lard

Processed foods

  • Condensed milk, cream milk, cheeses, cured traditional ham, bacon, canned and bottled fruit, breads (white and whole), beer, and wine

Ultra-processed foods

  • Petit suisse; custard; flan; pudding; ice cream; ham; processed meat (chorizo, salami, mortadella, sausage, hamburger, morcilla); pate; foie-gras; spicy sausage/meatballs; potato chips; breakfast cereals; pizza, including pre-prepared pies; margarine; cookies; chocolate cookies; muffins; doughnuts; croissant or other non-handmade pastries; cakes; churros; chocolates and candies; nougat; marzipan; carbonated drinks; artificially sugared beverages; fruit drinks; milkshakes; instant soups and creams; croquettes; mayonnaise; and alcoholic drinks produced by fermentation followed by distillation such as whisky, gin, and rum

超加工食品には、ソーセージやハンバーガーなどの加工肉、朝食用シリアル、アイスやドーナツなどのお菓子、砂糖水、アルコールなどが入っています。

 

結果は超加工食品の摂取量と全死亡のハザードに有意な用量反応関係が出ました。

超加工食品の高摂取群は以下の特徴が有りました。

・平均BMI(23.8)が高い

・現喫煙者が多い

・大学教育レベルが高い

・心血管疾患・がん・糖尿病・高血圧・高コレステロール血症・うつ病の家族歴が多い

・間食が多い

・テレビ、コンピュータ、昼寝の時間が長い

 

超加工食品の高摂取群は1日あたり5.3サービングの摂取でした。

サービングサイズって日本では馴染みないですよね。

ビールだと355ml、コーラ360ml、アイスクリーム118mlだそうです。

実際の米国での販売量では、ハーゲンダッツミニ160ml、パイント414mlだそうです。

パイントは体積の単位で、アメリカでは473ml、イギリスでは568mlらしいです。

1パイントのビールを飲んで、1.3サービングサイズのビールを飲んだって質問紙に答えているとか想像できないです。。。

 

ともあれ、食事が健康的なイメージの日本ですが、ビール飲みながらソーセージ食べたり、デザートにアイス食べると簡単に超加工食品5サービングはいきそうです。

不飽和脂肪酸の摂取よりも身近なハイリスク食品な感じがします。

 

 

すぐに加工食品をへらすと健康寿命が伸びるといえる論文ではありませんが、これまでの研究と同じ方向の結果が出ています。

(ざっくりいうと、加工食品は健康に悪いという)

野菜や果物のような加工度合いの低いものを食べる生活に取り組みましょう。

 

リーレクリニック大手町
東京都千代田区大手町1丁目3-2
大手町カンファレンスセンター B1F
[月〜金] 9:15〜13:30、15:00〜18:30
Copyright © リーレクリニック大手町 All Rights Reserved